HOME>ホットトピックス>名前は書くのではなくシールとして貼り付けると便利

面倒な作業をしなくても済む

名前シール

学校から『名前を書いてください』といわれて、子供のたくさんの学用品に名前を書かなければいけない状況の方もいるでしょう。小さなものから大きなものまで数多く合って、面倒な作業だとうんざりしているかもしれません。そのときは、名前を書くのではなく、シールとして貼ってしまえば、面倒な作業から解放されます。もちろん、シール1枚1枚に名前を書くのでは苦労は同じなので、プリンターで印刷しましょう。名前シールというシートが売られていて、そちらを使えば、お子様の名前が書かれたたくさんの名前シールが一度に作れます。

剥がせるというメリットがある

色見本

名前シールの素晴らしいところは、一回貼り付けたとしても、あとから剥がすことが可能なことです。普通、書いた名前が消えないようにするためには、油性のマジックを使わなければいけません。そうなると、消すことは難しいためお子様が使わなくなったときは、思い出として取っておくか処分するしかないでしょう。名前が記載された学用品では、弟や妹へのお下がりにするのも売却するのも難しくなってしまいます。しかし、名前シールならば、使わなくなったときには学用品から剥がしてしまえば、お下がりも売却も問題なくできるようになります。

広告募集中