HOME>注目記事>名前シールは子供だけが使うものではないのです

名前シールを使う年齢層とは

名前シールといえば子どもが使うイメージがありますが、決してそんなことはありません。仕事の現場などで物の取り違えを防ぐ目的で名前シールを用いることもあります。つまり、年齢に関係なく名前シールが使われているのです。

名前シールのデメリットとは

既製品だと被ることもあります

既製品の名前シールを用いると、デザインが他の人と被るケースがあります。

剥がれてしまう可能性があります

衣類などに名前シールをつけた場合、洗濯を繰り返しているうちに剥がれることがあります。

使い捨て製品には使えないことも

使い捨て製品に使用すると、コストパフォーマンスの面でデメリットとなります。

アイロン接着型はひと手間必要です

アイロン接着型の名前シールは、貼るのにひと手間かかります。また、火傷にも注意しなければなりません。

大量購入が必要となることも

スタンプとは異なり、貼れば貼るほど残りの数量が減っていきます。剥がれることも考慮して、たくさん購入しておく必要があります。

手間を省こう

印刷機

幼稚園や保育園に通うようになると、様々なものに名前を書かなければいけません。しかし1つ1つ手書きをしていると手間もかかりますし、面倒だと感じてしまうこともあるでしょう。そんな手間を省くことができると人気が高いのが、名前シールです。今はオンラインで注文をすることができるようになっているので便利ですし、すぐに作ってもらうことができるというメリットもあります。他にも名前だけではなく、目印となるワンポイントもつけることができるようになっているので、自分のものだという認識も行いやすくなります。貼るだけでよいので入園準備もスムーズに行うことができるので人気も高いです。オンラインであればリーズナブルということもあります。

種類の選択

印刷物

名前シールもサイズを選択することができますし、カラーなども選択できるようになっているので便利です。様々なサイズのものを注文して、用途に応じて使い分けるということも考えてみるとよいでしょう。大量発注であれば安くなることもあります。

広告募集中