名前シールはどこで入手することができるのか

名前シールは文房具類などを取り扱う店舗で購入できるし、インターネット通販からでも入手することが可能です。色々なところから手に入れられる手軽さが良いですね。

名前シールと名前スタンプ、どちらが良いの?

名前シールは使える場所が非常に幅広いです

シールなので剥がれてしまう心配はありますが、学校から仕事の現場まで様々な場面で幅広く使うことができます。様々な業者から色々なデザインの名前シールが提供されているので、見た目にこだわりを持つ人は名前シールを用いると良いかもしれません。スタンプとは異なり、湾曲した面でも貼ることができます。

コストパフォーマンスの面では優れています

名前スタンプはインクを新しいものに取り換えれば、ずっと使うことができます。また、紙皿や紙おむつなど使い捨ての商品に名前をつけるときに向いています。コストパフォーマンスの観点からいえば、名前スタンプは非常に優れている製品といえるでしょう。さらに、スタンプを押すだけで印字出来る手軽さもあります。

名前を書いたシールを貼り付けよう

名前シール

子供が幼稚園や小学校に通うときは、いろいろな道具を持っていくことになるので、ほかの園児や生徒と区別を付けるために名前を書く必要があります。名前を書かなければ、ほかの園児や生徒のものと混じってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。もしも、一つひとつに名前を書くのが大変だと感じるのなら、名前シールを貼るようにしましょう。もしかすると、シールを貼るということは、結局は名前を書かなければいけないので手間は同じだと考えるかもしれません。しかし、現在では家庭用のプリンターで印刷できるので、わざわざ一つひとつに名前を書く必要はないです。ただし、専用のプリント用紙を使わなければ、耐久性が低すぎて使いものにならない可能性があるので気をつけましょう。

プリント用紙が売っている

印刷機

家電量販店を訪れれば、プリント用紙が販売されていますが、その一種として名前シールが売られています。それをプリンターにセットして名前を印刷するだけなので、誰でも簡単に名前シールが作れます。もちろん、名前シールをデザインするためのソフトウェアもあるので、シールの枠組みに合うようにピッタリとした印刷が可能です。ソフトウェアは誰でもダウンロードできるようになっていることが多いため、名前シールのプリント用紙を販売する会社のウェブサイトで入手して試してみましょう。

防水のプリント用紙もある

PRINT

子供というのは道具を大切に扱わずに、少々乱暴に取り扱ってしまう場合もあります。その結果、名前シールが濡れてしまい、剥がれてしまったり文字がにじんだりするケースもあるでしょう。もしも、そのような状態に備えたいのなら、防水加工がされているプリント用紙を購入することをおすすめします。そちらならば、濡らしてしまったとしても、簡単に剥がれるようなことはありませんし、文字がにじんで読めなくなる事態にもなりにくいです。

広告募集中